泉州水なすの栽培法について。

HOME 会社概要 Q&A お問い合わせ サイトマップ 堺共同漬物株式会社 お問い合わせは072-237-2421まで

HOME > 会社案内 > 当社のとりくみについて > 水なすの栽培法

なすびの花の色は、紫色。 小さくて、きれいな花が、咲きます。
花びらが散って、その後に、水なすの実がなるのですが、この花びらが、うまく散らずに、なすの実に付いたまま実が成長してしまうと、そこだけ緑色になってしまいます。そこで、まんべんなく日の光が当るように、手で取ってあげます。
ひとつひとつ、丁寧に、育てられた水なすは、太陽の光を浴びることによって、水なす独特の紫色になっていくのです。



※栽培スケジュール

栽培型 播種期 足植 収穫期
春蒔き(露地栽培) 3〜4月 5〜6月 6月〜9月
冬蒔き(ハウス栽培) 12〜1月 3〜4月 3月下旬〜7月




当社のとりくみについて一覧へ
商品へのこだわり
研究内容
水なすの栽培法

お問い合わせ

堺共同漬物株式会社
〒599-8253 大阪府堺市中区深阪2丁14番50号
TEL:072-237-2421 FAX:072-237-2415
E-mail:info@mizunasu.co.jp

ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ


ページトップへ